• Home
  • About
  • about

    《現在の納期:最長30日(土日含む)》
    MASUDAの全商品は、受注生産品として、ご注文を頂いてから一つ一つお作りしております。お支払い確認後、バッグお一つにつき上記の製作期間を頂戴致します。詳しいお届け日につきましては、ご注文後に改めてご連絡させて頂きます。何卒ご理解ご了承の上、ご検討の程よろしくお願い致します。

    《MASUDAショールーム》
    〒131-0033東京都墨田区向島5-14-3
    11:00〜21:00(不定休)
    ※予約制(事前にお問い合わせください)
    ※展示見本品をご覧頂くためのスペースとなっております。製品をその場でご購入頂くことはできませんのでご注意ください。
    ※展示見本品は、製品によってご用意がある物とない物がございます。具体的にご覧になりたい製品が決まってる場合には事前にご相談ください。
    ※ショールームの写真は、インスタグラムハッシュタグ #MASUDA_SHOWROOM をご参照ください。

    《バッグ作家 増田一也 プロフィール》
    1982年生、東京造形大学デザイン科卒、株式会社博報堂プロダクツ デザイナー、株式会社土屋鞄製造所 鞄職人を経て2018年独立、同年東京に工房を構えバッグブランド『MASUDA』を設立。2022年に工房兼ショールームをオープン。

    《インスタグラム-MASUDAオフィシャルページ》
    @masudabag
    毎日更新中。バッグの製作過程や製作現場等をできる限りリアルタイムでご紹介しています。
    〈MASUDA製品画像検索ハッシュタグ〉
    #MASUDA_商品名(例#MASUDA_YOUCHIEN)
    #MASUDA_カラー名(例#MASUDA_black)



    MASUDAは、
    バッグ作家の増田一也が個人事業によって
    2018年に設立したバッグブランドです。

    MASUDAの製品は、現在のところ
    全て増田による100%ハンドメイド品です。
    運営は増田による個人業務です。
    販売はWEBショップ限定(※ショールームは見本品展示のみ)、ならびにご注文を頂いてからお作りする受注生産という体制で活動しております。
    また、デザイン考案から発送まで全ての業務を一貫して増田が行なっているため、
    製品お届けまで少々長めのお時間を頂戴しております。
    ご購入をご検討頂く際に、
    製品やお届けに関するご不安な点やご不明点、
    ご質問等ございましたら、
    当サイトメニューの【お問い合わせ】ボタンから
    いつでもお気軽にお声掛けくださいませ。
    長いお時間を頂戴する代わりに、
    おひとつおひとつを大切に
    誠心誠意お作りさせて頂きますので、
    誠に勝手ながら
    何卒ご理解ご容赦くださいます様お願い申し上げます。


    「良いバッグは長く使いたい」
    「シンプルなバッグを長く使いたい」
    「気に入ったバッグなら長く使いたい」
    そんなお客様に喜んで頂くために掲げた
    MASUDAのコンセプトは、
    『日常に100年寄り添うバッグ』。

    長年保てる最高級の品質と、
    余計なものを可能な限り削ぎ落とした
    正確無比なデザインで、
    毎日をよりシンプルに、
    よりラグジュアリーに、
    より長く楽しめるバッグをお届けする。

    そのために増田が今持つデザイン知識と職人技術、
    感性を余すことなく全力で活かし、
    そして〝人〟を強く想い、
    常に進化を止めず情を奮い立たせながらバッグを仕立てる。

    一生使えるバッグ。
    それは突出した個性や一過性の情熱ではなく、
    愛し続ける難しさへの挑戦。
    バッグが〝人が使う消耗品〟である以上、
    美しさを維持し続けるための耐久戦だと増田は考えています。

    〝使う人〟にとって、
    「いかにストレスなく使いやすいか。」
    「あらゆるコーデやシーンに合わせやすいか。」
    「100年後も壊れにくく、
    フォルムは崩れにくく、
    且つ修理にも対応できる構造か。」
    「100年後も腐らない上質な素材か。」
    「時代やトレンドに左右されず、
    100年後も持っていたい不動のデザイン性を秘めているか。」
    を粘り強く考え、日々努力を尽くす。

    それぞれの答えは、
    増田の一生の中では見れないことなのかもしれません。
    それはとても悔しくて、
    少し寂しく、哀しくもあります。
    それでも、
    一生お客様に寄り添う覚悟を込めて、
    世代を越えて受け継ぐ勇気を持って、
    一歩ずつでも前に進み続けたい。

    100年後のことが実際に見えているわけでは決してありません。
    これは増田自身が〝100年〟に挑み続ける覚悟です。

    まずはお客様お一人お一人と真摯に向き合い、
    一人一人の「使う姿」「使い続ける姿」をしっかりと想像しながら、
    一品一品大切にお作りして参ります。
    MASUDAのバッグを通して
    少しでもワクワクする未来を感じ
    日常をよりお楽しみ頂ければ幸いです。